よくあるご質問

1. ActionCOACHとは何ですか?

ActionCOACHは1993年に立ち上がったビジネスで、創立者のブラッド・シュガーズがオーストラリアとニュージーランドの中小規模の経営者を対象にセミナーやワークショップを開催し、急速に成長しました。経営者の方々はそこで初めて、驚くほどパワフルでシンプル、そして多大な利益を生み出すマーケティングやチームビルディングの戦略を何百例も目の当たりにし、自身のビジネスや生活を変革していきました。

2. ビジネスコーチングとは何ですか?

ビジネスコーチングとは経営者に対して、人材力、生産力、営業力など経営に関するあらゆる能力を高めるサポートをすることです。1990年前半にActionCOACHが先駆的に登場して以来、ビジネスコーチングという言葉はビジネスにおける成長の代名詞となりました。中小企業にとって、社会の目まぐるしい変化に追従し革新し続けるため、セールスやマーケティングのシステム構築やプランニング、チームマネジメントなどに時間を割くことはたやすくありません。そうした中小企業の経営者に対し、ActionCOACHのビジネスコーチが毎週ミーティングを行うことであらゆる経営課題を適切なステップを経て解決し、皆様を成功へと導きます。

3. ActionCOACHのビジネスコーチとはどんな内容ですか?

ActionCOACHのビジネスコーチは、中小規模の経営者の方々をセールス、マーケティング、マネジメント、チーム形成、方針作成、ゴール設定、その他のさまざまな面で手助けします。つまり、経営者にとっての相談役であり、親友であり、メンターであり、そしてコーチなのです。具体的な内容としては、経営者とのコーチングセッション、経営力向上のためのセミナー開催、社内研修プログラムの実施、マーケティング評価、アライメントコンサルテーションなどがあります。

4. ActionCOACHのビジネスコーチはどんな人ですか?

ビジネスコーチングには情熱が必要です。そのためビジネスコーチにふさわしい人とは、情熱を持った人だといえます。ビジネスの収益を上げるよりよい方法を探るとわくわくした気分になる、成功するまで粘り強くもがき続けることができる、気づけばいつも他人の手助けをしている… ActionCOACHのビジネスコーチとは、そんな情熱的なパーソナリティの持ち主です。

5. アメリカ式のコーチングは日本人に合うのでしょうか?

日本人にとって、アメリカ式のビジネス思考は「クールでドライ」という印象が強く、日本人のウェットな思考とは合わないイメージもあるかもしれません。しかしActionCOACHは決して「クールでドライ」ではありません。混乱した業務の状態を整理してやるべきことを明確化し、体系的なノウハウにのっとって業務改善を進めていくという点が、アメリカ式コーチングとしての特徴といえるでしょう。日本人にとっても違和感なく受け入れられる内容となっています。

6. 経営コンサルタントとは何が違うのでしょうか?

経営コンサルタントは「何か問題があればお任せください」というスタンスのため、現場の業務に関わるプレーヤー的な経営者にとっては良きパートナーとなるでしょう。一方ActionCOACHでは、経営者自らが問題解決できる力を身につけるために、次の3つのコーチングを実施します。
①体系化された知識の獲得→常にやるべきことが自己判断できる
②第三者とのディスカッション→自分の盲点に気づける
③アカウンタビリティ(責任感)の醸成→最後までやりきる力が身につく
こうしたコーチングの成果は、複数の事業を展開して多くの利益や社会的価値を生み出す経営者タイプに大いに役立つものとなります。

mail contact