DISC理論とは?

DISC理論は、心理学者のウィリアム・モールトン・マーストン(チャールズ・モールトンとしても知られる)博士の数十年にわたる研究と検証により確証された行動分析ツールです。 D、I、S、Cの4文字は、主導(Dominance)、感化(Influence)、安定(Steadiness)、慎重(Conscientiousness)という4つの性格のグループを表します。

DISCは、受診者の回答から観察される行動傾向を分析し、回答者の特定の時点における行動スタイルを判断するためのツールとして広く使用されています。各個人のスタイルは、上記の4種類のカテゴリーのいずれかに含まれ、その違いは各個人に現れる行動傾向の比重または程度によって分類されます。

主導型
(Dominance)

Dスタイルの人々は、決断力がある、競争的、大胆、率直、革新的、根気強い、冒険的、問題を解決する、成果重視、などの特徴を持っています。

感化型
(Influence)

Iスタイルの人々は、魅力的、自信に満ちている、説得が上手、熱狂的、示唆的、楽観的、説得力がある、社交的、信じやすい、などの特徴を持っています。

安定型
(Steadiness)

Sスタイルの人々は、理解力がある、友好的、聞き上手、忍耐力がある、リラックスしている、真摯、安定している、着実、チームプレイヤー、などの特徴を持っています。

慎重型
(Compliance)

Cスタイルの人々は、正確、几帳面、分析的、従順、丁重、外交的、詳細に拘る、事実を突きとめる、客観的、などの特徴を持っています。

なぜアセスメントなのか?/職場におけるDISCの適用

データを活用することで、勘に頼らず、重要な意思決定における偏った判断を防ぐことができます。20世紀後半、「フォーチュン500」は、社員の採用から研修、チームでの役割、また昇進など、人事決定のあらゆる面で「行動・認知分析」を行っていました。当時の紙ベースでの評価は、高度な訓練を受けた専門家が個別に計算する必要があり、ほとんどの組織にとっては高すぎて手が出せないものでした。しかし、新しいコンピュータ技術とアルゴリズムの進歩により、このような評価のコストは大幅に低下し、あらゆる規模の企業が平等に扱うことができるようになりました。

内面的な強さを発見し、成功への足がかりとする

従業員の強みと弱みを特定し、改善のための測定可能な指標の設定を行います。個人の成長を促進する要因を理解することで、キャリアを前進させるための完璧な道を示すことができます。

従業員のエンゲージメントを高める

従業員の性格、仕事の態度、やる気を起こさせる要素を理解することで、組織の強みを最大限に発揮させることができます。また、従業員同士をつなぎ、社内の団結と活性化につなげることができます。

最適なチームビルディングによって最高のパフォーマンスを引き出す

DISCのプラチナルールである「相手の性格スタイルに合わせて相手の望む接し方をする」を適用して、チームメンバーとの良好な関係を築き、発展させることができます。DISCの知識を応用して、互いに有益な改善の方向付けを行い、協力する姿勢を身に着けることができます。

顧客の心理を理解し、相手に満足をもたらすことの必要性を理解する

従業員が自社組織を信頼し、顧客を大切に思っていることを事前に知ることができます。カスタマーサポートチームをトレーニングして、コミュニケーションと行動分析のスキルを身につけさせることで、さまざまなメリットを得ることができます。

内面的な強みを知り、適材適所で組織のチーム力を最大限にする

特定しなければ、どのように判断すればよいのだろうか?

従業員の強みを把握し、科学的な情報に基づいた正確な判断によって、成功へと導いていく。

社長、リーダー

使命: 社長やリーダーは、決断力があり、自信を持ち、競争力があり、結果を重視する性格を持っていることが要求されます。 適した性格スタイル:Dスタイル(主導型)

マーケティング担当者

使命: 企業のイメージ、製品、サービスをターゲット顧客に伝えることを担当します。同時に、潜在的な顧客を引き付ける活動を行います。

適した性格スタイル:Iスタイル(感化型)及びCスタイル(慎重型)

カスタマーケア担当者

使命:顧客の購入後のフォローアップ、問い合わせ対応を行い、顧客満足度を上げることで継続率を高め、顧客生涯価値を増やす。

適した性格スタイル:

•顧客との良好な関係構築:Iスタイル(感化型)

•カスタマーケア計画の立案:Cスタイル(慎重型)

•苦情への対応:Sスタイル(安定型)

財務及び経理担当者

使命:

•経理部:日々のお金の動きを記録・管理し、ルールに則って厳格に会計処理を行う。また、税務申告や決算書の作成を行う。

•財務部:予算や事業計画に基づいて今後のお金の動きを正確に見通し、財務戦略を立案、資金繰りや余剰資金の運用を行う。

適した性格スタイル:

•経理部:Cスタイル(慎重型)、Sスタイル(安定型) •財務部:ICスタイル(感化型&慎重型)、 ISCスタイル(感化型&安定型&慎重型)

IT担当者

使命: テクノロジーを使用して、現場の生産性向上や営業活動を支援するための企業活動には欠かせない情報システムの構築・運用を行う。

適した性格スタイル:CSスタイル(慎重型&安定型)

営業担当者

使命: 顧客への商品・サービスの販売、接客サービスを専門とし、顧客の購買スタイルに合わせた順応性と顧客からの信頼を得る説得力が必要。

適した性格スタイル:DIスタイル(主導型&感化型)、CSスタイル(慎重型&安定型)

信頼関係を築くためには、相手に満足をもたらすことが必要であることを理解する

性格、働き方、やる気の共通点を見出して強い信頼関係を築きましょう。協力することと個人の力を強化することの「共生」関係を築く必要があることを同時に理解し、その双方に満足な結果をもたらし、成功に近づけるようにしましょう。

信頼関係の発展

人間関係は信頼関係の上に成り立ち、信頼は働き方や性格の類似性から生まれます。したがって、相手の立場や行動スタイルをまず理解し、その上で信頼関係を築き、より強固な基盤としていくことが重要です。

相手に満足をもたらす必要性を理解する

顧客がニーズを明らかにしようとしているとき、顧客の表現の仕方や訴えようとしている必要性を十分に理解することで、顧客に最も満足をもたらすソリューションを提供することができます。

リーダーは、従業員の長所・短所を明確に理解する必要があります。その理解に基づいて、従業員をサポートし、動機付けを与えることができるようになり、結果として最も包括的に企業を成長させることができるのです。

自分の行動スタイルとその長所を知りたいと思いませんか?

「DISC」診断によって、あなたやあなたの会社の従業員の行動スタイルを特定し、今後のさらなる成長に活かしましょう。

お申込みはこちら

料金

自分自身への投資は成功に一歩近づけるものとなる

  • 1つのDISCのリンク

    1つのDISCのリンク

  • 4500円 (税別)

  • DISCのテストリンク
  • メールで受信したPDFファイルで報告する
  • 長所と短所の詳細な報告
  • 自分の働き方やニーズを理解する

お申込みはこちら