3大起業家のサクセスストーリー

3大起業家のサクセスストーリー

逆境に打ち勝ち成功することは、最も勤勉で決断力のある人だけができることです。多くの逆境に直面し、その度に強くなった起業家の例があります。彼らは逆境に打ち勝ち、夢を諦めずにビジネスを成功に導きました。

彼らのサクセスストーリーは、ビジネスの世界で成功したい人々のためのインスピレーションです。興味のある方は、以下を読んでみてください。

 

ハワード・シュルツ

若いマーケティング担当者だったハワード・シュルツがミラノを訪れた際に、カフェラテを楽しめる高級コーヒーショップのアイデアを思いつきます。

彼は独立し、エスプレッソ小売店を創業。その後、スターバックス社を買収。

シアトルの 一 コーヒーショップに過ぎなかったスターバックスを、今日の世界的規模に成長させた中興の祖です。

 

松下幸之助

松下幸之助は、改良された電球ソケットのアイデアを思いつき、1917年に大阪電灯会社(現:関西電力)を退職。その理由は、当時の松下の上司が松下のアイデアにそれほど熱心ではなかったためです。

大阪電灯退職後、松下は自宅にお店を開き、電球ソケットの製造販売をスタートします。その後、幾多の逆境を経験します。

ポートフォリオを多様化し、多数の電子製品を扱うその会社はパナソニックとして知られています。

 

ピエール・オミダイア

コンピュータープログラマー、ピエール・オミダイアはAuctionWebという個人用Webサイトで収集品を競売にかけました。

初めは個人的なプロジェクトでしたが、そのうち彼はビジネスアカウントにアップグレード。彼は料金を請求し始め、支払いを処理するために、最初の従業員を雇いました。

このウェブサイトは現在eBayとして知られています。

この中に、あなたの好きな起業家のサクセスストーリーはありましたか?