フランチャイズに参入する際の簡単なステップ

フランチャイズに参入する際の簡単なステップ

フランチャイズビジネスに参入したくても、実際にどこから始めていいのかわからないことはありませんか?

 

数ある選択肢を目の前にすると、圧倒されてしまうのは当然なことです。

適切なフランチャイズを選択することは、フランチャイズビジネスを成功するための最初の重要なステップです。以下のステップを参考に、必要なものを自分自身に尋ねてみましょう。

 

ステップ1:自分を知る

フランチャイズビジネスに参入するためには、いくつかの動機が必要です。

あなたが起業家を選んだ理由はなんですか?

答えに応じて、結果も違ってきます。あなたの目標は、お金を稼ぐことなのか、キャリアを増やすことなのか、それとも家族と一緒に過ごすことなのか?

このフランチャイズはあなたにとって唯一の収入源でしょうか?

答えを出すことは、あなたに相応わしいフランチャイズを正確に特定するのに役立ちます。

 

ステップ2:関与の程度を選択する

フランチャイジーには2つのタイプがあります。アブセントオーナータイプとオペレータータイプ。アブセントオーナータイプは自分の代わりに仕事をしてくれるスタッフを雇います。そしてオペレータータイプは事業を営むことに直接関与します。

どちらを好むかを自分自身に尋ねてみてください。マネージャーになりたいのか、それともマネージャーを管理したいのか?

 

ステップ3:投資可能額を把握する

現実的になる必要があります。まずは設備投資リストを作成してください。投資可能額を把握していれば、状況に適さないフランチャイズを自動的に排除することになります。専門家はあなたに、生活と経費のために、少なくとも6か月分の資本を所有することを勧めます。

 

ステップ4:出口戦略を決める

フランチャイズをどのくらい続けますか?

あなたは数年後にそれを放棄しますか、それとも相続人に引き継ぎたいですか?

始める前に終わりを決めておくことは重要です。これまでのステップを参考にすれば、不適切なものを排除し、代わりにあなたの要求を満たすものに集中することができるでしょう。