ストレスがあなたの仕事のパフォーマンスにどのように影響するか

ストレスがあなたの仕事のパフォーマンスにどのように影響するか

完全にストレスのない仕事は存在しないのではないでしょうか。ストレスは必ずしも悪いことばかりではありません。なぜなら、納期や顧客の満足、守るべき基準、新規市場への参入などに対応し、あなたのビジネスの将来について考えるように動機付けるものだからです。

ストレスには、長期的なものや短期的なものがあります。

私たちの体はある程度のストレスに耐えるように設計されていますが、長期的な過度のストレスは肉体的にも精神的にも影響があり、特に仕事のパフォーマンスが悪くなります。

長期的なストレスによる影響は、次に示す通りです。

1)体重増加と心臓の問題

これら2つの問題は密接に関係しています。一定のストレスにさらされている人の食生活は、過食や塩分過多の傾向が見られ、テイクアウトやファストフードも問題の一因です。これらはさらに心臓に負担をかけることになります。健康的な食生活を心がけることは、これらの問題を軽減するのに役立ちますが、根本的な原因は日常生活でのストレスから生じています。

2)慢性的な疲労

慢性的な疲労はあなたの体を疲弊させます。筋肉、神経系、脳に影響を与え、身体的パフォーマンスの低下だけでなく、新たな課題やイレギュラーな問題に対する処理能力も低下します。

3)ストレスに対処できる容量

一日にどれだけのストレスに対処できるかについては、全ての人が限界を持っています。

4)バーンアウト(燃え尽き症候群)

これは長期間の高ストレスの結果です。バーンアウトは、深い分離感覚、やる気の欠如、慢性的な疲労、無関心が特徴。極度にストレスの多い仕事で見られます。燃え尽き症候群に達した人々は、自分の仕事に対する動機をほとんど失っています。薬物による治療や休暇をとるなどの必要があります。

ストレスを軽視することなく、早めの対処を心がけることが大切です。