経営者のための時間管理術

経営者のための時間管理術

経営者であるか、またはそれ以外にかかわらず、時間は貴重です。

あなたは時間管理をしていますか?

時間管理をしない場合、一日が混乱に満ちたものとなる可能性があります。時間管理の最大の鍵は優先順位をつけることです。一日の予定リストを緊急課題別、そして、短期および長期目標別に分けることで、より効果的に時間管理ができます。

経営者のための、時間管理術を以下にご紹介いたします。

 

1.電子メールのチェック時間を決める

電子メールをチェックする時間を決めましょう。もしも、10分ごとにメールをチェックしているとしたら、最大の時間浪費につながります。電子メールをチェックするための時間を決めることで、効率的に集中して作業を進めることができます。

 

2.スケジュールの一部を固定する

時間管理のポイントは、業務ごとに分割し、それをひとつのまとまりにすることです。そうすることで、自分以外の他のプロジェクトにいかに多くの時間を費やしているかに気づきます。毎日、または毎週のスケジュールの一部を固定し、自分の仕事に専念してください。固定した自分の時間には他の仕事を入れず、自らの仕事に集中してください。

 

3.会議の予約

会議の予約は、すぐに行ってください。こうすることで、あなたの時間を強制的に管理するだけでなく、1日の作業に費やす可能な時間を確保するためです。

 

4.優先順位の変更は柔軟に対応

優先順位の変更には柔軟に対応することが重要です。事業を継続していくためには、毎日、新たな挑戦と優先順位付けが必要です。体系化には、優先順位の高いタスクと低いタスクを決定し、重要度、時間、必要なリソースに基づいてリストを作成します。 短時間で完了するプロジェクトもあれば、数日かかるものもあります。関わったプロジェクトについては、チェックポイントを作成し、それを習慣化していきましょう。

 

5.会議にはアジェンダを作成する

長時間に及ぶ非効率な会議は良くありません。会議を効率的に行うためには、アジェンダが必要です。アジェンダには、トピック、主要な議論のポイント、およびアクション項目を含めることができます。会議が終わったらチームと文書を共有しましょう。

 

6.生産性の高いリソースを活用する

ビジネスの規模や業界に関係なく、プロジェクト管理ツールは必須です。 Googleドライブはオフィス間でドキュメントを共有できる優れた方法で、どこからでもアクセスできます。