購入プロセスの3段階

多く人々が忘れがちなは、商取引はシンプルなもだということです。顧客はまず関心を持ち、それを手に入れた後に離れていきます。かなり簡略化していますが、これが実際購入プロセスです。経営者はビジネスをより良くするために、購入プロセス全てを定義する必要があります。顧客が購入するには、3段階を経ていきます。多く経営者は、それぞれ段階で、より良い対応方法を知りません。各段階は、それぞれ異なる状態ため、それぞれで理想的な戦略も異なります。
では、顧客購入プロセス3段階とは何でしょうか?

三つ主な段階

これら3段階とは認知、関心、購入を指します。認知とは、提供している製品やサービスを最初に認識する段階です。関心は、製品購入を検討している段階です。製品やサービスについて顧客が問い合わせてくるが良い例です。最後に、購入とは、顧客が最終評価を行い購入することを決定する段階です。段階ニーズにどように対処するかが、販売促進とビジネス継続で重要になります。

1.認知

これは、顧客が最初に判断を下す段階です。そため、多くマーケティング部門と広告部門が、ビジネスイメージアップに多く時間と費用を費やしています。段階はとても重要で、目的市場セグメントにアピールする必要があります。

段階で重要な取り組みは、検索エンジン最適化(SEO)です。初期対応としては、顧客をウェブサイトに誘導するために、関連キーワードをインデックスページに挿入していくことが必要です。

2.関心

購入プロセス段階は、顧客注目を集め、段階に進めるチャンスを作り出します。通常、段階では顧客にコミットしません。まだ多くリサーチや比較検討をしているからです。段階でターゲットにすることは、潜在的な顧客に対して、競合他社より自社を選択させる魅力的な理由が必要です。

ポイントは2つです。まず一つ目は、顧客課題解決策として自社をより良い選択だと思わせる必要があります。二つ目は、顧客本来ニーズに対応する必要があります。企業は、しばしば、自社製品肯定的なレビューと賛同から、潜在的な顧客ニーズに応える解決策を提供しています。顧客が望んでいるもに意識を集中してください。

3.購入

最後段階は、商品またはサービス実際購入だけでなく、最終的な評価も含まれます。顧客はまだこ段階でオプションを検討している可能性がありますが、関心段階と異なる点は、対象商品やサービスを購入するという明確な欲求を示しているため、追加商品やアップセル、クロスセルを提示する良い機会でもあります。