目標設定はSMARTビジネスです

目標設定はSMARTビジネスです

目標設定は、とても重要で、すべての自己啓発の文献や書籍の中で最も一般的な共通項です。そして、長期目標、短期目標、生涯目標、個人的目標を設定することが大切です。

SMARTSは具体的に(Specific)、Mは測定可能な(Measurable)、Aは達成可能な(Achievable)、Rは結果指向(Results)、T時間枠( Time-framed)。SMARTについては、何年もの間、自己啓発本に書かれてきました。したがって、目標設定は大変重要なプロセスです。

アフリカには「象を食べるなら一口ずつ」という格言があります。大きな象も一口サイズに切って食べていけば、全部食べることができます。それは、実現可能で実用的なものにビジョンを変えるということです。これは成功した個人やビジネスに共通しています。

目標達成をしてきた経験によれば、目標を設定して大きな成果をあげている人もいれば、新年に決めた禁煙を2日間すら続けることができない人もいます。

目標を設定しないことは、失敗への恐れでもあります。目標を設定し達成できたときは自分自身への信頼につながりますが、達成できなかったときは大きなダメージとなります。

目標達成できない理由はたくさんあります。私たちが設定した目標が、時には現実的でないことがあります。新年の抱負が典型的な例です。

私たちはどのように目標を設定し達成するのでしょうか?

スティーブン・R・コヴィー(Stephen R. Covey)は、彼の著書「7つの習慣」において述べています。 “終わりから始めることは、あなたの目的地をはっきりと理解することから始めることを意味します。それは、現在地を知ることで、あなたが取るステップが常に正しい方向に向くようになります。

SMARTゴールの例は次のようになります。

WHAT(何)
目標は健康な体を維持することです。

WHY(なぜ)
楽しむことができます。
健康管理において、自分の子供のお手本になることができます。
自分の意志を強くすることができます。

HOW(どうやって)
栄養摂取:新鮮な果物や野菜の摂取量を増やし、砂糖、脂肪、塩、赤身肉を減らします。
行動:週に3回30分間、積極的に運動します。
チェック:健康上の問題がないかを調べます。

簡単な目標で成功することは、次の目標を設定する自信につながります。そのためには、SMARTゴールに基づいて目標を設定してください。これが目標を達成するためのベストな方法です。