今までの経営は丼勘定ですか、データ分析によりの経営ですか

  皆さん、こんにちは。ActionCoachジャパンのVietです。

2017年9月21日に、東京中小企業同友会品川支部で、「データ分析によりの経営」のテーマで30人の経営者向けに講演をさせていただきました。

その後、アンケートの結果で、下記のご感想をいただきました。

1 社長がいなくても会社がまわるということ。

2 何でもマニュアル化、記録することの大切さ。

3 データ管理とその共有の大切さ。

4 海外には中小企業成長プログラムがあるという事。

社員誰もが等しく取り組める仕組みや環境づくりの大切さを改めて感じ、徹底したデータ

5 管理とマニュアル運営という方法に驚きました。

6 マニュアル 面倒がらずにコツコツ作っていくことが大切。アップデートを皆でやることが大切。

7 適性検査で社員の特性を掴み、配置/教育方針を決める。

8 データ管理の大切さが良く分かりました。

9 ああ、軍隊の教練によく似ているのですね。

10 営業、仕組み化、人材教育は段階的に行われなければうまく行かないということ。

11 仕組みを作っていくことか。

12 マニュアル化・見える化をすることで、社員が自分で動いてくれる。

13 勉強する事。

14 科学的に考える事。

15 細かいデータは暗黙知もなくせる。

16 経営の基礎をもう一度見直す。

・データ管理をする上で誰からも分かりやすく見える化をすることが大切。・自分の会社

17の中で考えてみると6段階の中の人材の部分が問題と感じた。

18 行動後のマニュアル化。

19 アクションプランと効果検証のマトリクス評価。

20 やれる事、やらなければならない事はたくさんある。それを可能化させることが大事。

21 データ管理についてまだやることが多くある。

22 自分の営業活動をデータ化してどうやったら獲得できるかを分析する必要性。

23 データ経営の重要さ。

24 データ管理

25 マニュアル作り

26 ニッチの追求。

27 企業成長の歩み 道にならって事業展開を考えます。
1時間講演と2時間討論で、これだけ前向きなご感想をいただき、とても嬉しいです。

これから、経営の色々なテーマで6回講演を同友会品川支部が設定してくれるそうです。とても嬉しく皆さんにシェアを致します。
「ミンナが定時帰宅できる豊かなニッポン」のためのActionCoachが提供します。